星のおか保育園

園の紹介

 保育理念(基本の考え)

自分らしく輝き、道徳心と生き抜く力を身につける

子ども達にはこれから夢と希望と可能性がたくさんつまった未来が待っています。これからの人生を自分らしく輝き、楽しく幸せにそして道徳心と生きぬく力を早い段階から身につける。

乳幼児期の一番大切な時期を過ごす保育園だからこそ、子ども達一人ひとりの心の声に耳を傾け、個性を大切にしっかり伸ばし、未来へ向かう子ども達へ質の高い保育を行います。

子どもたちも職員も家族の様に、つながろう!つながり合おう!を合言葉に、保護者と地域社会のニーズにしっかりこたえ貢献してまいります。

 保育方針(目指す方向)

・個性を育み伸ばし人権を尊重
人との関わりの中で、人に対する優しさ信頼感、そして子ども一人ひとりの  人権、人間としての尊厳を大切にし、一人の人格としてその個性を育み伸ばし、個性を尊重する保育を行います。

 

・家庭的で活き活き生活できる環境

子どもが安心して活き活き充実した生活ができる、家庭的で安全な環境を目指し、基本的な生活習慣の基礎を培う保育を行います。

 

・自主性の尊重
子どもが自主的に意欲的に生活し、学びや遊びの中で生まれるチャレンジ精神や知恵を大切にした保育を行います。また、集団生活の中で思いやり協調性という優しい心が芽生える保育を行います。

 

これからの社会に向けた教育

グローバル化が進む社会において、早い年齢から外国語を身近なものに感じ、また外国文化などを知る事で外国をもっと身近なものに感じる時間を設けるなどこれからを見つめた保育を行います。

 

保護者との連携
保護者との連絡、意思疎通を十分に図るとともに、信頼と透明性の高い保育園運営を行います。

 保育目標(育ってほしい子ども像)

・よく遊び、よく食べ、心も体も健康な子ども(健康)

・心優しく助け合う子ども(人間関係)

・感性豊かで、協調性のある子ども(表現)

・自分の思いや考えを言葉にできる子ども(言葉)

・身近な自然の中で動植物に親しみ、命を大切にする子ども(自然環境)